必要のない車は売った方がいい

車売却に必要な書類について

どんな書類があればいいのか

人によっては、車を売る時に住民票が必要になるかもしれません。 車を売ろうと思ったら、車検証を最初に確認してください。 現在の住所と異なる住所が記載されている人は、住民票が必要になります。 引っ越しをした時は、車検証の住所を変更しておくと必要な書類が減るので楽です。

変更がないかチェックしよう

車を持っている人は、車検証があると思います。
売る際に、車検証に記載されている住所を確認してください。
居住地の情報が実際のものと異なっていると、証明書類の提出を求められますので注意しましょう。
何度も引っ越しを繰り返している人は、住民票の除票を用意してください。
住所が変わった時に手続きをすれば、車検証の住所を変更することができます。
楽なので、手続きを済ませておきましょう。
住所がまったく変わっていない人は、住民票を用意する必要がありません。

自動車納税証明書という書類があるので、車を売る時はそれも用意してください。
自動車を所有していれば、税金を支払わなければいけません。
毎年きちんと支払っていることの、証明になります。
必ず必要なので、失くしてしまった場合はすぐ再発行してもらってください。
車の種類には普通自動車と軽自動車がありますが、それぞれによって書類を再発行してもらう場所が異なります。

面倒な手続きがあるので、正直にいうと面倒に感じますよね。
委任状を書くことで、面倒な手続きをお店に任せることができます。
間違える心配もないので、手続きをお店に任せてください。
委任状に自分の氏名を書いてハンコを押すことで、お店に一任できます。
その時は、実印が必要になることを忘れないでください。
まだ実印を登録していない人は、そこから始めましょう。
市役所で、実印の登録ができます。
実印にどのハンコを登録したのか、忘れないでください。

税金を納めていることを証明しよう

お店は、税金を納めている車しか買い取ってくれません。 口頭で収めていると伝えても、信用されない可能性があります。 証明するためには、納税証明書を提出しましょう。 車を売る時に必ず必要なので、大切に保管してください。 失くしても再発行できますが、手間が増えます。

委任状を書きたい時

すべて自分で手続きをするのは面倒です。 お店の人が代わりに手続きを進めてくれると楽ですよね。 しかし、簡単に依頼することはできません。 お店の人に任せるということを記載した、書類が必要です。 それが委任状になります。 委任状は、お店側が用意してくれます。

Topへ戻る