税金を納めていることを証明しよう

税金を納めている証拠になる

車を買い取ってくれるお店は、怪しい車は対応していません。
怪しい車とは、税金を納めていない車です。
税金を納めることは、国民の義務です。
法律で決まっているので、税金を納めていないということは、法律を違反しているということになります。
そんな人から車を買い取ってくれないので、書類を用意しましょう。
納税証明書があれば、税金を納めていることを証明できます。

失くしたら再発行をしなければいけなので、余計な手間が掛かってしまいます。
絶対に失くさないよう、車を売る時に必要な書類はわかりやすいところに保管しておきましょう。
急にお店のスタッフから書類を提出するよう言われるかもしれないので、すぐ取り出せる場所で管理するのもおすすめです。

再発行する場合の場所

納税証明書を失くしてしまった場合は、すみやかに再発行を依頼しましょう。
再発行をしてもらう際は、まず車の種類を確認しなければいけません。
実は、種類によって再発行してもらう際に訪れる施設が異なります。
普通自動車の場合は、各都道府県の税事務所で発行してもらえます。
軽自動車の場合は、市役所に行かなければいけません。

場所が異なるので、自分の車がどちらなのか確認して、再発行しに行ってください。
また納税証明書は、本年度分が必要です。
市役所などに行くと大抵は本年度のものをもらえますが、万が一のことも考えてよく確認してください。
もし去年の納税証明書を渡された場合はすぐに返却して、本年度のものをもらってください。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る